羊毛フェルトでプチ・ボヌール

hossyhossy.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 07日

妖怪がいっぱい!さかなと鬼太郎のまち境港 sanpo

f0137702_2141267.jpg

松江の由志園で牡丹を見たあと「ゲゲゲの鬼太郎」で有名な境港へシャトルバスで向かう。
途中、ダイハツのCMで話題になった「ベタ踏み坂」を通り約20分ほどで境港駅到着。
f0137702_21422152.jpg

駅前には漫画を執筆中の水木しげる先生と鬼太郎、ネズミ男の銅像が。

この日は東京への戻り16時台の飛行機に乗るためあまり時間がないので、
あらかじめまずお昼に「境港新かにめし」を食べることを決めていたのだ↓↓
f0137702_215358100.jpg

境港はベニズワイガニ水揚げ日本一とのこと、新ご当地グルメとして売り出し中?
ガイドブックに載っていたYANSHUさんにてどどーんとカニ一杯。
中をあけると鬼太郎のちゃんちゃんこ(カニに食べられたの?)
f0137702_2156571.jpg

カニ、もちろんおいしかったけど、朝釣りのセイゴ(スズキ)の昆布締めがおいしくて。
白身系の魚のお刺身苦手だけど、ぺろりと食べれた。1300円で贅沢ランチ!
おいしくて満足だったけど、カニの身を取り出すのに時間がかかって、観光時間が…。
かにめしを食べる際には時間がかかりますので、
あらかじめ予定時間を多めにとっておくことをおススメします(笑)
f0137702_2272320.jpg

さて、妖怪列車に乗って空港までいく予定のため、
水木しげるロードを駅に向かって早足で歩くと…
f0137702_2292286.jpg

道路の両サイドには銅像がたーくさん。
f0137702_22102242.jpg

どこからともなく下駄のカランコロンという音が聞こえてくる。
f0137702_22111483.jpg

歩くのが疲れても大丈夫、ベンチあります。
ゆっくりじっくり見たかったけど、最後は時間が足りなくて駆け足で駅に向かうはめに。
あきらめきれず、ギリギリなのにガイドブックで見つけたパン屋さんに立ち寄って
ネズミ男のパンだけ購入(笑)
f0137702_22132527.jpg

大急ぎで駅に駆け込んで、ねこ娘車両に乗ると…
f0137702_22181787.jpg

ラッピングだけじゃなくて、中の壁、天井、シートもねこ娘。アナウンスは鬼太郎。
f0137702_22183735.jpg

f0137702_2230733.jpg

空港までの短い時間だけど、地元の高校生が利用していたり、
外の景色ののどかな感じも楽しめる列車でした。
(すべてラッピング列車ではないようなので、ご利用の際は事前に要チェック)
f0137702_22331299.jpg

空港では、ぬりかべさんの顔出せるやつがあって顔を出したい衝動にかられましたが、
ぐっとこらえてガマンしました(大人なんで)。

境港は大人も子供も楽しめるまちのようです。
2時間半ぐらいしかいられなかったけど、とっても楽しめました。
あらためて、水木しげる先生はすごいな、って思いました。

この旅の前半は出雲の旅。またのちほどご紹介します!
[PR]

by hossy | 2014-05-07 22:56 |


<< 眼鏡型麺麭(メガネ型パン?)      ネコブローチ納品しました >>