羊毛フェルトでプチ・ボヌール

hossyhossy.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 19日

父の幼少期のキーワードをめぐる旅  東京市向島區

f0137702_235315.jpg

お盆に弟と「父の生まれた場所」の話になった。
ランニングの途中で近くを通ったと言う。

昭和11年の下町生まれ。
小学生で東京大空襲を経験したのち、山形に疎開。
いつも向島の想い出を語っていた父。

東京大空襲でも焼け残っていたという家の番地をしっかりと覚えていたので、
いつか行ってみたいなと思ってたんだけど
父が亡くなってから、さらに行きたい気持ちが増してた。

番地は覚えていたけど、それは昭和10年代の話。
その後、東京都墨田区になってから住所が変わってしまったので、
いまとなっては、はっきりとした場所はもうわからない。

唯一の手がかりは、「梅若さん」「水神さん」が近くにあったんだ、ということ。
このキーワードをたよりに行ってみた。駅は「鐘ケ淵」。
f0137702_23532758.jpg

梅若さんとは、木母寺の梅若塚のことかなと。
中には入れなかったのは残念だけど、梅若塚は門の外にあり、
その門のところから少し中が見えた。
f0137702_23534760.jpg

そして水神さんとはその近くの「隅田川神社」のことかなと。
f0137702_23593492.jpg

f0137702_2355382.jpg

写真には収めなかったけど、敷地内に大正時代?の鳥居があるようだった。
f0137702_2355156.jpg

父が小さい頃見ていた鳥居は神社の奥にある鳥居だったのだろうか?
f0137702_23551362.jpg

どちらも昔とは少し違う場所に移動しているようだけど、
隅田川沿いであることは間違いがなさそう。

東京大空襲のときも、お布団をかぶって隅田川に逃げたけど、
たくさんの死体があった、ということを話していたのを思い出す。

このあと、私自身は聞いたことがなかったけど、
向島百花園にも連れて行ってもらってたと言っていたよ、と母が言うので、
神社からスカイツリーを眺めつつ歩いて行ってみた。
f0137702_23554161.jpg


残念ながら遅い時間で閉まってしまっていて入れなかったので、
父の幼少期のキーワードをめぐる旅は、また今度。
[PR]

by hossy | 2014-08-19 00:01 |


<< 日本初上陸pinkberry@...      ダンゴ制作 >>