羊毛フェルトでプチ・ボヌール

hossyhossy.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:家族( 14 )


2017年 07月 20日

あたたかい想い

f0137702_14561718.jpg
先日私たちのもとを訪ねてくれた韓国の家族が、たくさんおみやげを持ってきてくれたので紹介したいと思います。
伝統的なものが洗練されたデザインになっている印象を受けました。
f0137702_14552780.jpg
国立博物館?National Museum of KOREAのお土産で、
新羅王?の王冠を模したペアマグカップ。
f0137702_14554520.jpg
螺鈿のようなデザインの鉛筆のはいったボックスとメモ帳
f0137702_14550612.jpg
ラッピングのペーパーも伝統的なものが使われているのか、
とてもステキでした(下にしいてある織物を模したようなもの)。
f0137702_14560388.jpg
それからボトル。
ハングル文字がプリントされていてカッコイイ!
水だしのお茶を入れて会社で愛用中!
f0137702_11552413.jpg
こんなにたくさん。
しかもこれを二人分用意してくれていて。
初日のご飯を食べ終わった後、大きなリュックからごそごそ出してくれて。
紙袋ふたつ分を帰るまで持ち歩いてくれていて、帰るときにお土産だと私たちに渡してくれたのでした。
子どもをだっこしたりしながらの移動で本当に疲れたでしょう。

優しい気持ちに心より感謝し、大事に使わせていただきます。

[PR]

by hossy | 2017-07-20 14:50 | 家族
2017年 02月 18日

母と叔母の三回忌

先週土曜日、お寺で三回忌を行いました。
その日の朝はきれいな青空で、いつの間にか庭の梅が咲いていました。
f0137702_21080878.jpg
写真の花はfuga さんにお願いしたアレンジメント。
白とグリーンでステキにつくってくださってありがとうございます。
f0137702_21090956.jpg
写真はありませんがこの日は茨城町のフレンチ松庵さんでお昼をいただきました。
古民家でお箸を使っていただくフレンチ、おいしかったです。
早いもので丸2年。あっという間に過ぎてしまいました。
f0137702_21142182.jpg
パパが亡くなる少し前に買ったオリヅルラン。
霜が降りたり凍って枯れちゃったかな、と思ったら、1本だけ緑色の葉っぱが。
f0137702_21192959.jpg
このブログを書いている18日、今日が命日です。
今日は小さなケーキを買ってダリアとラナンキュラスの小さなお花をおそなえしました。
f0137702_21200180.jpg
むこうで元気にしてくれていますか?ね?
ケーキが小さすぎて足りない?かな。
ここのところ頻繁に夢にパパとママが出てくるので
何かいいたいことがあるのかなって。
なんだろな。


[PR]

by hossy | 2017-02-18 21:27 | 家族
2016年 12月 18日

父のネクタイ

f0137702_19550813.jpg

石原さとみのドラマで(校閲ですね)カワイくスカーフまいてるの見てたら、
なんか使えそうな気がして。
バッグに結んでみたところ、なかなかいけるのでは?と。
f0137702_19552771.jpg

使ったのは左はじのネクタイ。
シルクですごく軽くてやわらかいから、なんどもほどける。
落とさないようにしなくちゃ、と心配になりました。


[PR]

by hossy | 2016-12-18 19:52 | 家族
2016年 05月 16日

オパールのカフスボタンのリフォーム

父の形見のオパールのカフスボタンをリフォームしてリングとネックレスにしました。
f0137702_20431578.jpg

最近のヒトはカフスボタンって使わないですよね?
f0137702_20465232.jpg

18Kでリフォームしたかったのだけど、銀製だったのでそのままの枠を活かして
シルバーリングとネックレスに。
f0137702_21150888.jpg

ネックレスのチェーンも使わなかったシルバーを再利用し、38cm~40cmで長さ調整してもらいました。

オパールってちょっと苦手だなって思ってたけど、実際肌にのせてみると意外となじみます。
乳白色だけど、ブルーやグリーンに輝いて神秘的。
写真で伝わりますでしょうか?

前回のパールリフォームも気に入ってますが、
今回のリフォームも父のものが身につけられるようになってとてもうれしい。
あとは普段ジュエリーをつけないので、どんなファッションで身につけられるかな?って感じですが。



[PR]

by hossy | 2016-05-16 21:20 | 家族
2016年 02月 27日

#植物標本

f0137702_19392634.jpg

母の一周忌にと靴教室の生徒さんからすてきな贈り物をいただきました。
f0137702_19395818.jpg

herbarium=植物標本とかかれていました。
f0137702_19434983.jpg

とても美しく、見ていると癒される。
f0137702_19455730.jpg

パッケージも洗練されたデザインで、パッケージに入ったままでも、なんかいい。
f0137702_19452778.jpg

一番うれしいのは、彼女の気持ちです。

ありがとう。
[PR]

by hossy | 2016-02-27 19:48 | 家族
2016年 02月 18日

母の命日

f0137702_2142750.jpg

今日で一年が経ちました。早かったような長かったような…。
風がびゅーびゅー吹いて20度をこすあたたかな日に
お寺で一周忌法要を終えました。次の日は一転、雪が舞うという…。
f0137702_2146538.jpg

ご近所の方、母の友達をはじめ、みなさまに本当にお世話になりました。
一年間のみなさまのご厚意に、本当に心より感謝申し上げます。
いつも帰るたびにおいしいご飯をいただいたり、
庭の手入れや家の設備、車の事など相談に乗っていただいたり。
お花もたくさんいただきました。
f0137702_21483349.jpg

今年こそ、両親のお墓を建てなければ、です。
そして自分の身の振り方を決めてゆかねば、です。

いろんなプレッシャーを感じつつ(笑)
自分のペースを取り戻して生きてゆかねば、です。
[PR]

by hossy | 2016-02-18 22:01 | 家族
2015年 11月 22日

叔母の命日

f0137702_9481868.jpg

昨日おばの命日でした。
叔母のお位牌には天寿と書かれており、父方の親類の中では85歳と一番長生きでした。
明るく華やかな色のお花を供え、コーヒーを入れて一緒にケーキ食べました。
何もしてあげられなくて申し訳ないけど。
[PR]

by hossy | 2015-11-22 09:48 | 家族
2015年 08月 20日

母と叔母の新盆

f0137702_22325952.jpg

無事に二人の新盆を終えました。

お線香を上げにきてくださったみなさん、
お忙しいところわざわざ足を運んでくださりありがとうございました。

盆棚の前のたくさんの菊やお花、供えた野菜や果物は
みなさんにいただいたものばかりです。。。

f0137702_22331882.jpg

写真は手入れしていただいた庭と、父が亡くなる前に買った鉢植えのオリヅルランの花
ちょうどお盆の間に開いたバラです。

お水は帰ったときしかあげられないけど、しっかり花がさいてくれました。

父の会社の方にたくさんの庭の木を切っていただき、
除草剤を何度もまいていただきました。

同級生のお母さんにも炎天下の中、除草剤で庭の草が枯れた後の草刈り、
庭の木の剪定をほとんどおひとりでやっていただきました。
おかげでお客様がいらしてくださるのに気持ちのいいきれいな庭でお迎えすることができました。

また実家に帰るたびにご近所の方、母の友人においしい手づくりのご飯を差し入れいただいたり、
母の学生時代の友人からお手紙をいただいたりなどたくさんの方にお気遣いをいただいています。
…きちんと御礼ができていませんが感謝の気持ちでいっぱいです。

父を亡くして2年足らずで叔母、母まであっという間に逝ってしまったので
家族と呼べる人がいっぺんにいなくなってしまって何とも言えない気持ちではありますが
みなさんに助けられてなんとかやってこれています。

実家では車がないとスーパーにも買い物に行けず、
お骨を預かっていただいているお寺にも行けないので
ペーパードライバーを脱するため
12年ぶりの運転の練習につきあってくれた私の高校の同級生、中学の同級生。
それから実家の整理にわざわざ東京から来てくれた音楽事務所時代の友達…

この半年間でいろいろな方にお力添えをいただいています。
感謝しても感謝し足りないくらいです。。。

だから、元気に生きなきゃいけないですね。

話がまとまってなくて長くなりましたが、
なにか、ここに書いておきたくて。

おやすみなさい。
[PR]

by hossy | 2015-08-20 23:02 | 家族
2015年 04月 07日

突然のお別れ

f0137702_22391114.jpg

2月に急逝した母の四十九日を終えました。
今頃やっと父の元にたどり着いたころでしょうか。

父を亡くして2年半。
三回忌を終えこれから旅行にでも行こうね、と話していたのに。

元気だったのに、急いで父の元に逝ってしまった。
まだ70歳だったのに。

家主の居なくなった実家に帰ると、
父を亡くしてひとりになった母が感じていたであろう気持ちが
少しわかるような気がします。
[PR]

by hossy | 2015-04-07 02:47 | 家族
2014年 11月 29日

お別れ

先週末、舟形に住んでいた叔母(父の姉)が86歳で亡くなりました。
急にご飯が食べれなくなってあっという間に。

親を看取って、というか看取るために舟形にきて、
その後ひとりで暮らしていた叔母。

結婚もせず、子供も持たず一人だったので、
いろいろと苦労もあったと思います。

でもずっとひとりだったせいか、自分のことを自分でしていたし、
頭もとってもしっかりしていました。

80歳を超えてから、山形から新幹線で上京し、
さらに茨城までひとりで電車を乗り継いで遊びにきてくれたこともありました。
両手いっぱいの重たいお土産を持って。

住んでいた舟形は、近くにスーパーがない、冬は雪でほとんど出歩けない、
叔母はケータイも持ってない、もちろんインターネットなどつかえるわけもなく、
さらに家は黒電話…ひとりで生活するのにはいろいろな意味で
なかなか難しい環境だったと思います。。

そんな中、地元の親戚や近所の方、晩年に週2回通っていた介護施設の方など、
たくさんの方に助けられて、お世話になって、しっかり生きてきたのだと思います。

86歳までひとりでよくがんばったなあと。

お墓は私の父と一緒に入ることになるから、
もうひとりでさびしくはなくなるかな。
[PR]

by hossy | 2014-11-29 00:39 | 家族