人気ブログランキング |

羊毛フェルトでプチ・ボヌール

hossyhossy.exblog.jp
ブログトップ
2019年 09月 08日

桜川市にある真壁藍工房へ

f0137702_23562663.jpg
東京から友が来て、前からやりたい!といっていた藍染にチャレンジ。
桜川にある真壁藍工房まで行ってきました。
f0137702_23562644.jpg
こちらの工房は、日本古来の藍建てによる藍染めで、
徳島産のすくも藍に灰汁と石灰、ふすま、酒を加えて藍を建てる方法で、
化学染料は一切使用しないそう。
原料のすくもというものが現在では北海道と徳島だけでしか作られていないようで入手が難しく
温度管理など微生物のコントロールも大変なんだなと勉強にもなり楽しい時間でした。
f0137702_23562670.jpg
こんなデザインをイメージして、丸の部分は糸で縫いました。
f0137702_23562695.jpg
そして濃く染めたい部分と薄く水色に染めたい部分と、白い空間。
縫い目を白や水色になどにとパズルのような作り方。
案外複雑で色の出方を考えて作るのは難しいものだなと思いました。
f0137702_23562609.jpg
お昼も食べに行かず制作に没頭。コンビニのお弁当でお腹を満たしました(笑)。
先生にも長い時間お付き合いいただいて、体験なのに思う存分やらせていただき
とてもありがたかったです。

そしてつくばプリンを食べに行き、真壁の古い町並みを見て帰ってきました。
プリンはとてもおいしかった。


HISTRIP MAGAZINE
茨城県桜川市真壁で守られる1300年の歴史 日本伝統藍染めを体験
https://histrip.jp/171020_makabe_ibaraki-2/

真壁藍保存会
http://www.e-consul.info/iba/sg/mka/




# by hossy | 2019-09-08 00:33
2019年 08月 25日

夕暮れの涸沼の湖上に山車が浮かぶ、幻想的な「あんばまつり」

f0137702_21364873.jpg
茨城町には関東唯一の汽水湖「涸沼(ひぬま)」があります。
その涸沼の湖上に山車が浮かぶ幻想的なお祭りが、一年に一度。
f0137702_21381805.jpg
ひろうら公園内にある大杉神社近く、
夕暮れの湖上に山車の上、キツネやひょっとこ、オカメが舞います。

180年の歴史を持つ、地元でも愛されているお祭りで
とても珍しく、幻想的なんです。

f0137702_21401937.jpg
昨年は台風で中止。やっと今年はじめて見ることができて興奮しました!
でも、今年は風が強く、着岸したまま。
かつ、道に灯される行灯も見ることができませんでした。
ですが、それでも十分幻想的。
f0137702_21405876.jpg
祭り後半では湖上から花火も打ち上げられます。
f0137702_21415169.jpg
ベテランのひょっとこの中にかわいいひょっとこやおかめちゃんも。
f0137702_21423154.jpg
f0137702_21442531.jpg
想像以上に素晴らしく、私はキツネの舞に釘付けになってしまいました。
f0137702_21394500.jpg
ぜひ東京のお友達にも見てもらいたいな、と思いました。
本当になんだか惹きつけられてしまうお祭り!

ビジュアル的にもかっこいいので、カメラマンさんたちもいっぱいでした。

来年が楽しみ!
来年こそは湖上に浮かぶ姿を見たいなとおもいました。


涸沼湖畔で行われ180年の歴史を持つ茨城町無形文化財の『あんばまつり』
↓動画はこちらを見てください↓






# by hossy | 2019-08-25 21:46 | 茨城町
2019年 08月 17日

ご無沙汰しています

茨城に帰ってきて1年が経ちました。
世の中も変わってSNS の投稿が多くなり、ブログをなかなか更新できていません。
f0137702_11434568.jpg
ニードルを持つ機会もあまりなく、思っていた茨城ライフ⁉️とは違う形で毎日が進んでいきます。
町に帰ってきて思うのは本当に景色が、いいなぁということ。
最初の写真は水戸八景である親沢公園。風情のある公園でここから見る夕日はとても綺麗です。
f0137702_11434525.jpg
写真は町の涸沼(ひぬま)という汽水湖。白鳥が住み着いちゃっています。
ふらっと車を走らせてお散歩すると、日常なんだけど、
自分の日常とは違う世界があって、癒されます。
f0137702_11493276.jpg
真ん中の2匹はくちばしがまだ薄い茶色なので子供。
環境がいいのか、北に帰らず住み着いてしまったのですね。

この涸沼に関わる町のお祭りがあったので、次回紹介しますね!





# by hossy | 2019-08-17 11:56 | 茨城町
2019年 02月 12日

茨城町民の日 茨城町プロモーションビデオ「つながりとひと」」完成!

建国記念日は茨城町民の日でもあります。

f0137702_21015063.jpg
昨年7月いば3ふるさとサポーターズクラブの会員としてロケに参加していた
プロモーションビデオ「つながりとひと」の初上映の日。
そして主演の「茨城町出身の女優、根矢涼香ちゃん」と
テーマソングを制作した「マシコタツロウさん」のトークショー。
二人は最後テーマソングである「僕は涸沼 君はメロン」を歌ってくれました。 
面白いタイトル、ど直球ですよ、マシコさん(笑)。
f0137702_21124478.jpg
根矢涼香ちゃんは女優業だけじゃなく、絵も写真も上手で才能溢れている子だなって思ってました。
昨日、とても伸びのある美しくハリのある声をお聞かせいただき、
またひとつ彼女の才能を感じたのでした。
f0137702_21133573.jpg
で、なぜか私、トークショーの司会をやることになってしまってやったんですが、
案の定、緊張して2回同じこと聞いてますやん(笑)
(トークショーとお歌は写真撮影NG。掲載できません。オフィシャルなfacebookなどでご覧ください)

でもまあ、無事終わった!のと、
役所の職員さん、制作チームの皆さんの頑張りを身近で見ていたので
本当にこの日が迎えられて嬉しいわけです。
f0137702_21115205.jpg
写真は、手作り感あふれる町の式典に飾られたもので
ロケで職員さんたちが撮ったもの…愛があふれているなぁと思います。

それからブログにも書いたと思うのですが、この日は東京から二人、
わざわざわが町にやってきて、スタッフとして手伝ってくれた友達がいたのです。
しかもスタッフなので、写っていないのですよ。

育った町にこうしてきてくれて町の雰囲気を感じて、人を感じてくれて。

完成とともに振り返り、
今さらながら友達のありがたさをひしひしと感じております。
まさに「つながりとひと」。

茨城町のHPから、ぜひ見てください!
テーマソングのダウンロードもできます!












# by hossy | 2019-02-12 21:34 | 茨城町
2019年 01月 02日

今更ながらのご報告


f0137702_17465079.jpg
年が明けました。
2018年の7月でぱったり更新ができていませんでした。

実は約30年暮らした東京から心機一転、昨年7月より地元茨城町へUターンしました。
そして、ほぼ羊毛の作品も作ることができず、今に至ります105.png
毎年年始には新しい作品を紹介していたのですが、無念…。

環境が変わり、バタバタとしていたまま、走り続けて半年になろうとしています。

7月より「茨城町の地域おこし協力隊」となって、主に町のPR活動に協力しています。
きっかけは、2017年にできた町のファンクラブ「いば3ふるさとサポーターズクラブ」に加入したこと。

そこでまず初めはインタビューされる側だったのですが、それをきっかけに、
今度はページ制作側になり、取材をして文章を書いたり、いろいろな人と出会ったり。

自分が今までつちかってきたことで、育ててもらった町へなにか恩返しができたら、と考え
地域おこし協力隊となり、町へ戻ってきました。

半年間の活動結果としては、以下3つが成果があったことかな、と思っています。
●茨城観光マイスター合格!まずは地元を知ることから…。
茨城観光マイスターとは? こちら
f0137702_18091342.jpg
●茨城町ファンクラブ「いば3ふるさとサポーターズクラブ」の季刊誌の表紙写真が
ゆうちょマチオモイカレンダーの1枚に選ばれ、27万5千枚も配布されたこと!
→いば3ふるさとサポーターズクラブとは?? こちら
f0137702_18171639.jpg

●国交省の水の里の旅コンテストで、
「ひろうら田舎暮らし体験推進協議会×茨城町」として応募した案件が、特別賞をとったこと!
茨城町で農家・漁家の民泊をしたい方は是非ご覧くださいね!
楽しい経験とあったかい家庭のおじいちゃんおばあちゃんが待っています。
f0137702_18095205.jpg

さて、ここ茨城町は18歳まで住んでいた土地ではありますが、
当時はまだ車の免許もなく、その後もずっとペーパードライバーで
町内を車で出かけるなどあまりしたこともなく、今現在、ペーパードライバーを脱して
新鮮な気持ちで茨城町ライフを送っています。

町には唯一!?涸沼(ひぬま)という観光スポットがあります。
f0137702_17533741.jpg
子供の頃、学校行事で数回しか行ったことがなかったのですが、
大人になった今、改めて行ってみると美しいところで、特に朝日、夕日が美しく、
何度でも通いたくなってしまうところです。
f0137702_17553402.jpg
時々ご紹介できたらと思います。
もちろん、羊毛も時間を見つけて作品を作っていき、紹介していけたらいいなと思っています。

では新年の挨拶が、昨年度の活動報告になりましたこと、お許しください!
2019、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆さまにとってよい年になりますように!





# by hossy | 2019-01-02 18:36 | お知らせ
2018年 07月 03日

茨城町プロモーション動画撮影

f0137702_20252824.jpg
先日茨城町のプロモーション動画撮影がありました。
茨城町の涸沼というところで、朝晩の太陽が美しくいいところです。

この日はボランティアスタッフとして参加。
なんと東京から音楽事務所時代の友が同じくスタッフ側として参加してくれました。
f0137702_20264142.jpg
2人は音楽事務所時代の現場の血が騒いだようで、大きな声を出しててきぱきと動いてくれました。
我が故郷の町の動画のためにわざわざ来てくれて、そして手伝ってくれてありがとう。
f0137702_20280409.jpg
炎天下、おそらく35度近く有ったはず。
朝6時の入り時間からムシムシしてて、晴れたら陽射しが強くて汗ビチョビチョ。
帰りは日焼けで手が真っ赤っか。

そんな過酷な環境にもかかわらず、最後までやり遂げてくれました。

本当にうれしくてありがたくて感謝の気持ちでいっぱいです。
今度はここにキャンプで来てください。

わたしはインドア派なのでキャンプはNGですが、送り迎えくらいは役にたてるでしょう!

親沢公園は気持ちのいいところです。

親沢公園キャンプ場(茨城町の涸沼のほとり)
https://www.hinuma-guide.com/shuhenguide/oyasawa.html








# by hossy | 2018-07-03 20:39 | 茨城町
2018年 06月 19日

東国三社めぐりの旅!「鹿島神宮・香取神宮・息栖神社」

f0137702_21301150.jpg
派遣時代の仲良しのお友達と一緒にこれまた念願の神社めぐり。
5月中のまだ梅雨にはいらない時期にと、会社を辞めてすぐ行って来ました。
(観光客いっぱいの写真で趣無しな感じから始まります…笑)
f0137702_21315128.jpg
まずは鹿島神宮。参道の正面ではない所に拝殿があります。
この配置は珍しいそうです。確かに歩いて行くと右側にあって、あれって感じました。
f0137702_21361468.jpg
その奥ずっと先に歩いて行くと、過日に行われた流鏑馬の馬の通った後が残っていました。
そして空気感が急に変わり、光の差し込み方がきれいな「奥宮」があります。
こちらの神様「荒ぶる神なので、二拝の時は音を立てないようにして」と教えていただきました。
全く知らなかったのでパンパン!としちゃうところでした。
f0137702_21383713.jpg
さらにその奥に地震を起こすなまずの頭を抑えている「要石」があります。
一円を投げてくぼみにいれるのですが、私も友達もどちらも失敗(笑)!
今度は反対の方向へ坂を下りて行くと、「御手洗池」があります。
f0137702_21425539.jpg
何気なく見た時は水の澄んでいる感じなど分からなかったのですが、写真に撮ってびっくり。
鳥居が鏡のように映っていて美しいです。
f0137702_22463168.jpg
ここの水で茹でた常陸秋そばをいただきました。
紅葉がいい感じですね。もちろんお味も良いです。茨城出身なので、常陸秋そばがおいしいの知ってます。
さて、時間も迫ったので戻ろうとしたら、すれ違った男の人に「太陽に輪っかができているんだよ、見て!」と。
なになにどういうことなの?と思って空が見えるところまで急いで移動してみると…
f0137702_22091675.jpg
輪っか出てるよ…ほんとに(笑)。なにこれ〜って盛りあがった!
後で調べるとハロ現象でした。
神社にお参りした日にこんな現象があり、写真を撮ると光がたくさん差し込んでいたりして、神秘的でした。

神社内は結構な距離があります。
大きな杉に囲まれ清々しく広々とした空間で、とても気持ちよいところでした。

あ、そうそう、奈良の春日大社に居る鹿さんは、この鹿島神宮からはるばる行った鹿さんなのですよ。
奈良の鹿さんは放し飼いですが鹿島の鹿さんはフェンスの中でちょっとかわいそうかなと思ってしまいました。
f0137702_22100741.jpg
お次は香取神宮
f0137702_21495020.jpg
黒っぽくて落ち着いた感じでカッコイイ神社です。
f0137702_21543301.jpg
「奥宮」がわかりにくい所にあるからと、先に案内されました。
確かに、わかりにくい。
f0137702_22472269.jpg
地震を起こす大鯰を抑えるため地中深くまで差し込んでいるとされる「要石」。
鹿島、香取の両宮にあり、香取では凸形石、鹿島では凹 形をしていると。
f0137702_22011466.jpg
ここでは「三本杉」のとこいかなきゃね、と友達と話していて、
早速杉の中で写真を撮ったら、ご覧の通り。「なんじゃ、この光!」
友達が私を撮った写真に最初映っていて、「えっ?え〜っ?ぎゃーっ。なんなの?」と大騒ぎ。
天に召される様な光でびっくりしました。
f0137702_22123236.jpg
そして最後にもう一社。息栖神社です。
神栖にある息栖。こちら、失礼ながら知りませんでした。
私は子供の頃、神栖に住んでいたのですが…。
f0137702_22133313.jpg
パワーをいただける木もあったので、手を近くにかざしてめっちゃパワーいただいてきました(笑)。
そんなこんなの楽しい神社めぐり。東国三社コンプリート!

思い出に残る旅で、かつ、これから新しいスタートを切る私にとって、とっても意味のある旅になったかなと。
一緒に行ってくれたお友達に感謝!

彼女は私の母の作ったパッチワークのマカロンポーチを大事に使ってくれていて。
「神社に行く時に御賽銭をしまっておいて、腕にかけておくとお参りする時にすごく便利なんです」
と言って見せてくれました。

ポーチのストラップが、かわいいカラーのゴム仕様になっているので、なるほどなと。
確かに腕にかけられるのが便利!
でもなにより大事に使ってくれているのが嬉しかった。

この日二人で撮った写真は自画自賛だけど、どれもこれもいい笑顔ばかり。
晴れ晴れとした気持ちで二人でお参りして、楽しい時間を過ごせました。












# by hossy | 2018-06-19 07:30 |
2018年 06月 17日

世界遺産、高野山さんへ行って来たのだ

f0137702_19594344.jpg
前から行きたいと思っていたけど、アクセスが良くない高野山へ(笑)やっと行くことができました。
難波から約2時間以上かかる山の上の盆地(遠い…)。
この写真は駅の展望台から、霞みがかった山がステキでしょ?
電車を降りたら最後に急勾配のケーブルカーに乗車。香港の夜景見るときに乗るケーブルカーみたい。
f0137702_20213886.jpg
よくこんな土地を切り開いて街を作ったものだなぁと。
大雨降ったら結構地すべりしそうな感じだし、電車の中から倒れた大きな杉を何本も観てたので、
ちょっと怖いなとさえ思ってしまいました。
f0137702_19594398.jpg
さて、高野山にお寺は約120、3人に一人はお坊さんとのこと。
最初はやはり総本山金剛峯寺です。
というか、金剛峯寺とはこの世界遺産である、高野山全体の総称としても使われていたようですね。
f0137702_19594407.jpg
京都で見たお庭よりステキ、と思ってしまいました。襖絵などもたくさん見れて、気持ちの良い空間でした。
お供えものに興味があって、遠目に見ていて想像はついたのですが、
お坊さんに聞いたら、ズバッと斜めに切られ20cmはあろうかという大根、ニンジン、さつまいも、高野豆腐に
お花ではなく高野槙が飾られていました。
f0137702_19594383.jpg
こちらは壇上伽藍、御影堂(みえどう)。
朝早めに行ったのであまり人が居なくてとても気持ちがよかった。
f0137702_20584063.jpg
お掃除をしているおじさんが親切に「三鈷の松」の場所を教えてくれて。
二本のうち、右側の松の方だからねと。
先輩はあっという間に「三葉の松」を発見。大事に持って帰っていました。
f0137702_19594420.jpg
そして宿坊も初体験。お部屋にお風呂もトイレも無いなんて〜って
少し抵抗があったのですが、我慢した甲斐がありました。
天徳院さんに泊まったのですが、お庭がすばらしい!食事の部屋からの眺めはこんな感じでした。
f0137702_19594487.jpg
二階の止まった部屋の窓からはこんな感じ。上の方に赤い鳥居があります。
夜は蛙の合唱が結構聞こえました。
立地的には金剛峯寺のすぐ近く(歩いて多分1分!)で、とっても便利でした。

それから奥之院もガツガツ歩いて来ました。
たくさんの大きな杉の木、苔むした五輪塔の数々。

最初はちょっとこわいかな、と思っていましたが、天気のせいもあり少し重めの空気と静けさのなか、
たくさんの名だたる武将達の供養塔を目にしながら歩き続け、気が付けば心地よい時間という感じでした。
(ということで、奥の院の写真は一切撮ってません…)

それにしても空海さんは凄いな、と改めて考えさせられました。

あ、それから、胡麻豆腐専門店の濱田屋さんにも行って食べましたがとてもおいしく満足!でした。
雨女だけどギリギリのところで天気がもってくれて、傘いらずで済んだ旅。
一緒に行った先輩と「今度は秋も来たいね」と意見一致。
いつか紅葉のきれいな時期にまた来ます!

高野山HP














# by hossy | 2018-06-17 21:15 |
2018年 06月 03日

派遣OL辞めました

f0137702_08060735.jpg
4月末で派遣OL辞めました。
14年と4ヵ月。お世話になった皆さん、ありがとうございました。

引き継ぎがハードすぎてこのあと、両目が腫れてお岩さんになり、
熱にうなされた…。

約12年にわたりweb制作と広報的業務、2年ほど外食関連のサポート業務。
真っ当には入ることのできない会社の中でいろいろ経験させてもらえて、
本当に勉強になりました。

さて、一歩踏み出します!



# by hossy | 2018-06-03 23:49 | その他
2018年 04月 15日

いば3ふるさとサポーターズクラブ「Sun」4号で記事を書きました

f0137702_14185204.jpg
昭和世代なら、懐かしさを感じるこのお店のただずまい。
茨城町のファンクラブいば3ふるさとサポーターズクラブ季刊誌「Sun」4号が発行されました。
テーマは「つたえる つたわる」です。
f0137702_14192141.jpg
今回は2つのページを担当し、まずは「まちを想う人」のインタビューページから。
おじいさまが茨城町出身で若くして出版社を立ち上げられたお話で、
現在創業100年を超える歴史ある出版社「誠文堂新光社」の6代目の社長さんにお話をうかがいました。
f0137702_14285961.jpg
実はこの社長さん、私の大学の先輩で、歳は2つ違い。
私が短大生のときに4年生大学に在籍していたようで、同じ時代に同じキャンパスにいたんだなーと
不思議な縁を感じました。
さて、誠文堂新光社さんがすごいのは、戦後初のベストセラーを生んだ出版社であること。
窓ぎわのトットちゃんが出版されるまで、国内の本の売り上げ第一位だったんですよ。
戦後の紙のない時代になんと360万部以上売り上げたそうです。
f0137702_14212284.jpg
続いてまちの消防署のお話。
こちらも取材対応をしてくださった方が、中学校の一つ上の先輩でした。
取材が終わった後に出身校の話になり発覚したのですが、
やっぱり同じ学校出身だったりするとなぜかほっこりしてしまいます…。
ながい時間をかけて大変な業務を丁寧に説明してくださいました。
f0137702_14195221.jpg
写真はアラタケンジさん。署員の方達の笑顔がステキでインパクトがあってとてもかっこいい写真なんです。
f0137702_14204138.jpg
最後のページはkenbee67さんのカワイイイラスト。
毎回楽しみです。

毎回気づき、発見があってとても楽しいお仕事!
PDFはこちらからダウンロードできます。

「Sun」4号
http://www.town.ibaraki.lg.jp/iba3/_sun/_pdf/Sun_Vol04.pdf

茨城町に興味がある人は是非茨城町のファンクラブ「いば3ふるさとサポーターズクラブにご入会ください!
会費などいっさいかかりません。ステキなサポーターズグッズがいただけます!
http://www.town.ibaraki.lg.jp/iba3/about.html#anchor1

グッズの紹介は過去のページでご案内→こちら








# by hossy | 2018-04-15 23:29 | 茨城町
2018年 03月 20日

働き方改革とは?

f0137702_20190419.jpg


# by hossy | 2018-03-20 20:19 | その他
2018年 03月 07日

ミロコマチコさんの展示

ひと月ほどバタバタとしていて、昨日やっと出かける時間が確保できて行ってきました!
ミロコマチコさんの展示。
f0137702_23312017.jpg
もうこのチケットからかわいくて。でも入場時に切られました(当たり前だけど)。
切られる前に撮影しておけばよかったと後悔(笑)。
f0137702_23352486.jpg
立体などもやられているのを知らなかったのですが、
入り口ではクマがドドーンとお迎えしてくれます。
f0137702_23361358.jpg
この絵はライブペインティングで描かれたもの。
描かれている絵からは、なんか力をもらえる感じがします。

展示会を見に行った当日、ちら見しかできませんでしたが、
ライブペインティングをされていました。
f0137702_23373121.jpg
世田谷文学館で4/8まで。
ミロコマチコ展 いきものたちの音がきこえる

美術手帖にいろいろ情報があったので、こちらどうぞ。
https://bijutsutecho.com/news/10219/
西荻窪のウレシカさんでも3/12まで個展をやられているみたいなので、そちらも行きたいなと。




# by hossy | 2018-03-07 08:30 | 美術館 展示会
2018年 03月 04日

女子力向上委員会

f0137702_23074384.jpg
会社のおつきあいはどうしてもタンパクになりがちというか、
それなりの距離をおいておつきあいをするものと、自分の中の線引きがありまして。

でもそれを見事に覆すような楽しい関係ができました。
女子は集まるとよろしくないもの、というか、ちょっと苦手な生き物だったけど
毎回笑い転げて家に帰り、そのあと毎日が楽しくなってしまう、そんな女子の集まりができまして。
…出逢いに感謝しています。

メンバーのひとりが、先週末に会社を卒業し、近くアメリカに渡ります。
きっとたくさん悩んで出した結論。
新しい環境で、彼女らしく生きられるといいな、と思います。

旅立つ彼女が一人一人のイメージに合う口紅を選んでくれて
それぞれに名前を入れてをプレゼントしてくれました。
f0137702_23521367.jpg
愛があって女子力があって、なんかうれしかったな。
今度はアメリカで女子会できる日を楽しみにしています。


# by hossy | 2018-03-04 23:28 | その他
2018年 02月 04日

母に、と「つまみ細工のお花」をいただきました

f0137702_20000239.jpg
靴教室の生徒さんで、結婚が決まって今週渡米されるSさん。
前の靴教室から、今の靴教室でも同じ曜日で楽しく過ごさせていいただきました。

最終日の帰りの電車で、
「パッチワークが好きだったお母さんに、つまみ細工のかわいいお花を見つけたので」といただきました。
いつも命日がちかくなると母のためにお心遣いをいただき、感謝感謝なのです。
f0137702_20083517.jpg
ボックスの中につまみ細工のお花が納められているのですが、開けた瞬間「わぁー!」となりました。

母はこういうかわいらしいものが好きで、
つくっていたパッチワークの色合いも、濃いピンク、薄いピンクなどが多かったのです。

人の気持ちに寄り添って、やさしい気持ちにさせてくれるSさん。
見習うところが多く、とってもステキな女性でした。
f0137702_20130548.jpg
同じクラスの生徒さんが用意していたケーキ。みんなステキな人たち。
Sさん、今しあわせだと思うけど、末永くおしあわせに。
f0137702_20172576.jpg
みんなにお揃いでいただいたエプロン、大切に使います。




# by hossy | 2018-02-04 20:29 | 家族
2018年 01月 24日

谷川俊太郎展へ

f0137702_15002114.jpg
知っているようで知らない、知らないようで知っている。
そんな方ですね。
f0137702_14243424.jpg
とてもチャーミングでおしゃれな方。
タニガワだとずっと思ってましたが、タニカワだったなんて(笑)。
3度の結婚にえーって思ったのと、昭和ひと桁生まれなんだなーって。
f0137702_14310398.jpg
言葉とともに関係のあるものが展示されていて、おもしろかったです。
f0137702_14382670.jpg
今回の展示のフライヤーです。
ちょっとクスってなります。
f0137702_14360838.jpg
ラジオのコレクションがすごかった!

うちの実家にも、絵本ことばあそびうた (日本傑作絵本シリーズ) がありました。
私は、谷川俊太郎選、茨木のり子詩集がすきです。
本人書いたものではないけど(笑)



# by hossy | 2018-01-24 14:20 | 美術館 展示会
2018年 01月 21日

すみだ北斎美術館と両国の壁画

f0137702_12350684.jpg
美術館の近所に住んでいる弟に会う、ということで「すみだ北斎美術館」にいってきました。
これは妹島和世さんの建築…シンプルで都会的?でカッコイイ。常磐線の日立駅も見たくなりました。
f0137702_12372445.jpg
北斎美術館はステキだし、北斎の展示もなかなか楽しめましたが、
もっとも強烈に印象に残ったのは、美術館までの道すがら、謎の壁画。
f0137702_12412514.jpg
少しあかるい雰囲気のパートもあるのですが
f0137702_12382254.jpg
哀愁を帯びた絵が気になってしかたありませんでした。
f0137702_12455014.jpg
そうそう、年明けの成田山参りのおみくじは今年は半吉。
塩からい内容にちょっとがっかりな年明け、と思っていたら…
f0137702_13002939.jpg
北斎美術館で新春のめでたい展示をたくさん見て、
最後にオリジナルおみくじを引いたところ、大吉。うれしくなりました。
会社でむすっとしている日々が続いていますが(笑)、笑顔でいることを心がけられるように、
気持ちを切替えていければ、と思います。
f0137702_13011118.jpg
にしてもテレビもないし、カメラなんてあまり用いられていない時代、写真や図鑑などもなかったろうに、
波のとまっている描写や、人間のいろんなポーズ、動物の身体など、動いているものをどうやって描いていたのだろうと思ってしまう。
北斎ってやっぱりすごいよね。






# by hossy | 2018-01-21 13:11 | 美術館 展示会
2018年 01月 11日

maker's baseでスカートづくり第2弾

f0137702_00273323.jpg
年明けすぐにmaker's baseでスカート第2弾。
f0137702_00203864.jpg
相変わらず自分では縫いません。メインはデザイン。
出力後のスカート生地にタックを寄せてアイロンがけして、ゴムを通すだけ。
f0137702_00172836.jpg
ロングが可能になりました。
f0137702_00393701.jpg
描いた絵の色が思ったより薄くなったので
スキャン時に少し補正して濃くしてもらったら…
f0137702_00161535.jpg
ちょっと思ったより暗くなっている!
…想定外(笑)。
f0137702_00150435.jpg
柄合わせして、サイドの明るい部分が後ろと前でつながるようにしてもらいました。
f0137702_00265799.jpg
これは一緒に行った友達のスカート。
絵を描いている過程、スピード、使う色にも個性が出ておもしろかった。
f0137702_00503860.jpg
お友達と行くの、おすすめです。楽しい時間過ごせます。
ノープランで行っても何とかなりますよ!
f0137702_01102739.jpg
手がめちゃ汚れた記念写真。
風邪ひいて絶不調だったけど楽しい時間でした。
汚れるのでエプロン持参をおススメします!

前回の記事はこちら





# by hossy | 2018-01-11 01:11 | handmade:その他
2018年 01月 07日

参道の木々が見たくて初詣に酒列磯前神社へ

酒列磯前神社=さかつらいそさきじんじゃと読みます。
読めませんよね(笑)。茨城県ひたちなか市にあります。
f0137702_23471584.jpg
この参道の木々を見たくて、車を飛ばして友達と初詣に。
f0137702_23460770.jpg
短い参道ですがこの木のインパクトと雰囲気。
何とも表現しにくいのですがすがすがしい空気を感じます。
どうしてこんな枝になるのかなと、とても不思議に思いました。
f0137702_23475697.jpg
参道をすすむと横に小さな鳥居があり、その奥に海を見ることができます。
f0137702_23482530.jpg
この神社はツバキも有名らしく、参道の木の中にはとても大きなツバキの木も入っていて、
すごーく上の方にぽつりぽつりと咲いていたり。
f0137702_23484852.jpg
お守りもツバキデザインでかわいい。
f0137702_23463804.jpg
実はこの神社、宝くじにあたると有名らしく、
参拝の仕方までしっかり書いてありました(笑)



# by hossy | 2018-01-07 02:07 |
2018年 01月 01日

2018 あけましておめでとうございます

f0137702_23383584.jpg
本年もどうぞ宜しくお願いします!
やるやる詐欺にならないように、羊毛やらなきゃ。


# by hossy | 2018-01-01 08:00 | 羊毛フェルト:ニードル
2017年 12月 31日

初めてのヒール、完成!

新しい靴教室に通って1年が過ぎ…。
f0137702_23020019.jpg
やっと完成!初めてのヒール。
f0137702_23031152.jpg
先生に木型をつくってもらい…。
型紙制作。自分のデザインをもとに、いわれるがままの線引きに頭混乱。
f0137702_23041508.jpg
途中かなりはしょってますが、仮靴をつくります。
Vのカット部分、仮靴の方がタイプでしたが、このままだとしわができてダメということが判明。
f0137702_23062575.jpg
実際に履いてみてハキゴコチなど確認。
f0137702_23074911.jpg
私の場合、小指が痛かった…。
先生が型を修正してくれて。いろいろ調整してもらった上で、本制作に入ります。
f0137702_23092248.jpg
革を切って縫ったりなど。
f0137702_23105386.jpg
つま先〜かかとをつり込んで。
f0137702_23114432.jpg
シャンク入れて…底をつけて。ここまでくるともう終わりかな〜とおもうんだけど、
ヒールにはまだまだこの先の工程があった…。
f0137702_23132839.jpg
ヒールの高さを合わせて削って、その後にヒールに革を巻き付ける。
f0137702_23152723.jpg
やっとこ完成しましたよ!この間1年以上。いくらかかったんだ、この靴。
裏の革のブルーと、お尻の小さな羽がポイント。
f0137702_23180766.jpg
本当はもっと足の指の方に向かって深いカットのブーティーっぽい靴がいいなと思ってたんだけど、
なかなか難しく、このようなかたちに。
f0137702_23184221.jpg
でも、幅広甲高の足でも、少しすっきり見えてくれているかも!?
f0137702_23201688.jpg
一年かかっちゃったけど、やっぱり足にはあっているしうれしい。
終わりが見えなくて途中挫折しそうになったけど、この日を迎えられてうれしかった。
年内に終われてすっきりした。さよなら、2017年!



# by hossy | 2017-12-31 05:00 | handmade:その他
2017年 12月 30日

初めての冬の京都 sanpo

山科に足を運んでから、南禅寺へ。
冬の京都は初めて。
f0137702_10221683.jpg
苔ともみじの落ち葉。
f0137702_10053287.jpg
レンガのアーチ。水道橋。
門から水道橋の方を見ると広々としていてすがすがしい気持ちになります。
f0137702_10064424.jpg
お次ぎはもみじの禅林寺永観堂。もう散っちゃってるけど
みかえり阿弥陀さまがいらっしゃった。
f0137702_10083118.jpg
中学校の修学旅行以来の銀閣寺へ。
f0137702_10094187.jpg
石畳フェチだと気づく。
f0137702_10150209.jpg
f0137702_10103018.jpg
思ったより大きい。
f0137702_10135248.jpg
苔が美しい…大満足。
さて、時間がない。上賀茂神社へ。
f0137702_10173530.jpg
下鴨神社へ。
f0137702_10202367.jpg
鳶が鳴きながら空を旋回するのが見えた。
今度は夕方じゃなくて午前中、もっと森がわさわさしている季節に訪れたい。
f0137702_10233031.jpg
衣笠丼。関東では見かけないので老舗のそば屋に入ったのにも関わらずチャレンジ。
お揚げをタマゴで閉じている。それと、蕎麦板おいしかった。お土産決定。

久しぶりの京都でテンションが上がってしまい
朝10時から18時までノンストップで歩き続けて足を痛めた旅…(笑)。







# by hossy | 2017-12-30 10:40 |
2017年 11月 26日

安藤忠雄展 挑戦 2017

f0137702_22370030.jpg
光の教会。原寸で再現。
シンプルに教会が教会である目的が達せられている感。
f0137702_22433503.jpg
シンプルでわかりやすく美しい。

…どんなにがんばっても自分の家は建てられないので
参考にはならないなーとは思ったけど、安藤忠雄展。

いろいろ考えたものが建築に落としこまれるって、
なんかぜんぜんわからない世界。

いろいろ制約もあるだろうけど、
改めて展示物の模型や写真とともに書かれていたテーマにいちいち納得と感心。








# by hossy | 2017-11-26 23:10 | その他
2017年 11月 07日

三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館 @松濤美術館

f0137702_22572774.jpg
三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館 に行ってきました。
このトラだけ写真撮影OKだったのでパチリ!
f0137702_22593643.jpg
三沢さんの作品は小さい作品から大きい作品まで、力強くもあり、繊細でもあり、
そしてどこか愛嬌があるな、と感じます。

この展示には船越桂さんも参加されてます。

実は2年前位?、船越桂さんの群馬の個展を見に行きたいなと思ってましたが叶わず、
実物は見たことがありませんでした。

しかーし、やっと、やっと見ることができました。
やっぱりステキでした!

しかも…

ご本人がシークレット?ゲストとして登場。
三沢さんと船越さんがお互いの首像を20分で創るところを見ることができました。
なんかお二人のお人柄もかいま見れて、とてもいい時間を過ごせました。

展示も実際の作業などが見れるようになっていたり、
制作メモなどもあって、とても刺激を受けました。

おまけにこの展示、ワンコインで見れるんですよ。…なぜだろう?
ちょっと渋谷から松濤美術館まで歩きますが、きっと楽しめると思います。ぜひ!

2017年10月7日(土)〜11月26日(日)
三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館


# by hossy | 2017-11-07 23:28 | その他
2017年 11月 05日

六本木アートナイト2017

  • f0137702_11172538.jpg

ひと月ほど前になりますが…衝撃的だった落合陽一ワークショップ。
「アートとデザインとテクノロジーは資本主義とどうつきあっているのか〜愛と憎」
にふらっと参加。

最初は、「落合陽一ってあの魔女みたいなカッコしてる人?」
「落合信彦の息子だよね?」レベルの認識度。。。

今日見たアートが記憶に残らんほど刺激を受けました。
本人写ってない写真であれですが。

ヨージヤマモトの黒の長めのお召しものの背中にインパクトのある文字(笑)
メディアアーティストで筑波大大学の先生、自身で会社なども持っていて、
著作本もいくつかでてて…30歳一児の父。
あ、私の年代だと知ってると思いますが、作家落合信彦さんの息子さん。

あ、天才この人って思いました(笑)。
後で気がついたけど昨年行った茨城県北アートでも作品出してた…。
で、説明が難しいので、当日のことが書かれているこちらの記事をどうぞ。

六本木未来会議アイデア実現プロジェクト#04
森の学校 by 六本木未来会議 PROJECT REPORT【後編】
http://6mirai.tokyo-midtown.com/project/project/04_2/

さて、以下はアートナイトなのでアートをいくつか写真で紹介。
f0137702_11113352.jpg
六本木をぶらぶらしてパチリ。外国の方の作品
f0137702_11122276.jpg
蜷川実花さんの。すぐ色づかいで分かりますね。
f0137702_11124670.jpg
これも。
f0137702_11115375.jpg
これは外国の人のだったかな?

…ホントに落合陽一に消された当日のアートの記憶(笑)。
彼の本を読んでみたいな。




# by hossy | 2017-11-05 11:45 | その他
2017年 11月 05日

サプールの生き方

f0137702_01531952.jpg
前々から興味のあったサプールの写真展。
コンゴの方達。元気もらえます。



# by hossy | 2017-11-05 04:28 | その他
2017年 09月 23日

いば3の記念品手ぬぐいいただきました

f0137702_14063390.jpg
インタビューの記念品ということで手ぬぐいをいただきました。
f0137702_14074191.jpg
i,D石川サンのステキデザインで
f0137702_14084209.jpg
茨城町地域おこし協力隊 たけがさきょうこ サンの手染めの手ぬぐい。
f0137702_14071251.jpg
そして、よくみると「いば3」…さすが!石川サンのデザイン。





# by hossy | 2017-09-23 14:26 | その他
2017年 09月 20日

昭和40〜50年代頃?のママの馬里邑のワンピース

f0137702_21234870.jpg
9月17日は母の誕生日。生きていたら73歳かな?
この服は実家に残っていた母の遺品の中でコンディションの良かったワンピース。
昭和40〜50年代頃の馬里邑の服です。
f0137702_21241931.jpg
柄、配色ともにとっても気に入ってますが、聞いたことない素材で扱いにくそうです。
着る前にクリーニングに出していたのですが、水洗いができないらしく、
でも汗かいちゃうしドライだけだとなーとおもいつつ。
f0137702_21245273.jpg
17日はこれを着てお供えのケーキを買いに出かけました。
ふらっと立ち寄った洋服屋の店員さんにワンピースほめられた。うれしい。
f0137702_21254400.jpg







# by hossy | 2017-09-20 22:01 | 家族
2017年 09月 11日

maker's baseで手描きスカートづくりに行ってきた

f0137702_00064831.jpg
会社のお友達とスカートづくりに都立大学にあるmaker's baseへ。
もともと、彫金の講座もあったり、革にプリントしてがま口とか、刺繍とか…
興味のあるワークショップがたくさんあって気になっていたのですが、やっと来れました!
f0137702_00071294.jpg
絵の具なんて使うの久しぶりすぎてどう使ったらどんな柄が出るのかなんて想像もつかなくて。
事前にfacebookやインスタの動画をみて少しだけお勉強。
でも実際にやってみないとわからないことも多く、やってみたらすごくおもしろかった。
f0137702_00081464.jpg
3枚ぐらい描かせてもらって。
ゴチャゴチャ凝りだす前に終わりにした方がいいというアドバイスでストップ。
f0137702_00084699.jpg
今度は紙に書いたデザインをスキャンして取り込んで使う場所を確認。
もちろんスタッフの方がすべて作業。
f0137702_00094694.jpg
その後プリンターで転写。
色が薄いのですが印刷されたものはちゃんと濃い色で下から出てきています。
f0137702_00155777.jpg
印刷されたものは型紙になっていて、切ったりするラインとタックの山と谷の印がついています。
生地は白のポリエステル生地。おもいのほかしっかりしてます!
f0137702_00164214.jpg
スタッフの方がロックミシンで端をがーっと縫ってくれて、
山おり谷おりのアイロンをかけたらそれも縫ってくれます。
そう、縫うのはスタッフの方です(笑)
f0137702_00103438.jpg
最後にゴムを通したら完成。
個人的にはあと15cmくらい長いロングがいいなーと。
でも楽しかったし満足。
f0137702_00112761.jpg
しかーし、友のスカートがとってもカワイくできており、うらやましくなるのでした(笑)。
f0137702_00150695.jpg
で、ホントはモネっぽいのつくりたかったんだけど(笑)



maker's base 生地からつくるフロントタックスカート







# by hossy | 2017-09-11 00:37 | handmade:その他
2017年 09月 01日

いば3ふるさとサポーターズクラブ 季刊誌「Sun」第2号で記事を書きました

f0137702_13300031.jpg
いば3ふるさとサポーターズクラブの季刊誌「Sun」
表紙は涸沼の写真です。白鳥とモデルさん、とってもステキ。
f0137702_13320501.jpg
第1号のインタビューでお世話になったあと、縁ありまして
第2号の「ひろうらの田舎暮らし体験」冊子版と
web版の記事を書かせていただきました。

ひろうらの田舎暮らし体験=今話題の民泊…と言っても農家民泊です。
どのような取り組みを行っているのか自分自身が知りたかったこともあり、
今回とても貴重な体験をさせていただきました。

子どもが独立し、広い家におじいさんおばあさんだけ…
そんなお宅にあらたな楽しみや生きがい、地域の活性化をもたらす農家民泊。
涸沼の自然とともに、心がほっこりしちゃうやりとりをどうぞ!

●人と人をつなぐおもてなしのこころ
ひろうらの田舎暮らし体験(冊子版のPDF)
全ページダウンロードなのでちょっと重たいです。
f0137702_13420469.jpg
f0137702_13433846.jpg
●ひろうらの田舎暮らし体験レポート 完全版(web版のPDF)
こちらは2ページで受け入れ家庭と学生さんのやり取りの様子が見れます!




# by hossy | 2017-09-01 13:35 | その他
2017年 08月 20日

いば3ふるさとサポーターズクラブ 季刊誌「Sun」に載りました

f0137702_08481945.jpg
いば3ふるさとサポーターズクラブ 季刊誌「Sun」第1号に載りました。
「まちで暮らす人 まちを想う人」でインタビューを受けています。
カメラマンさんにステキに撮影いただきました〜ありがとうございました。
http://www.town.ibaraki.lg.jp/iba3/_sun/_pdf/Sun_Vol01.pdf
(すべてのページがダウンロードされてしまうので、ちょっと重いですが)

ところでいば3ふるさとサポーターズクラブといわれてもみなさん何のこっちゃかもしれません。
私の実家がある「茨城町」には茨城町のファンクラブがあります。
----
いば3ふるさとサポーターズクラブは、“いばらきまち”のファンクラブ。
茨城町で生まれた人、暮らす人、はたらく人。
“いばらきまち”が好きなみんなが集まり、ゆるやかにつながる場所です。
---
町内の方、町外の方でもに興味がある人はお申込いただけます!
もちろん会費はなく、会員グッズとしてステキなバッグやバンダナ、ノートなど
(↑リンク先には写真があります!考えられたステキなデザインです。ご参考まで)
ここで紹介している季刊誌「Sun」も送られてきます。

ところで、なんで「いば3」なのかって?
住所に「茨城」が3回もつく書き込みがめんどうな住所なんです!
「茨城県」「東茨城郡」「茨城町」…いばらきがかい=「いば3」

申し込みページ→いば3ふるさとサポーターズクラブまで!

9/3追記:茨城空港2Fお土産売り場エレべーター横「県央地域」のパートに
季刊誌「Sun」がありますのでよろしければ!
f0137702_11405317.jpg






# by hossy | 2017-08-20 08:59 | その他